「扉の合紙」「折込み」「見返し」のご案内

報告書には、「章扉」等に使用する色紙の合紙(仕切り紙)や、表や図版などの「折込み」ページの入紙、「見返し」などをつけることができます。

扉の合紙(仕切り紙)

報告書は、「章」などを「本文」とわかりやすく区分したいために色紙の合紙(仕切り紙)を入れることがあります。

「章扉」の色紙を入れることにより、冊子を読もうとした時に目的の箇所(章)が調べやすくなり便利です。
色紙(色上質紙)の色は、約30色あります。表紙の色より薄めの同系色を選ばれることが多く、紙の厚さは中厚口を使用します。

折込み

報告書のA4サイズの本文の中に、数ページだけA3サイズの表や図版などを入れて折り込んだうえで製本することができます。折り込みは、大きく見せたい場合に利用します。

見返し

見返しは、本の強度強化と高級感をだすために表紙の内側に貼り付ける紙と本文の先頭、最終ページに付ける紙のことをいいます。

表表紙(表1)の内側と裏表紙(表4)の内側のそれぞれに貼り付ける紙のことを「きき紙」といい、本を開いた時の一番最初のページ(扉や本文の前)と本文の最終ページに付ける紙を「遊び紙」といいます。

見返しは、ハードカバーの上製本では必ずつけますが、ソフトカバーの並製本の報告書でもつける場合があります。

☎ お客様相談窓口

報告書印刷(研究論文印刷)・製本のことなら、お気軽にお問い合わせください。
お電話やFAX、お問い合わせフォーム、メールにて承っております。

印刷・製本サービスサポート 費用などのご相談受付中!!
TEL: 03-5408-7891 FAX: 03-5408-7893
E-mail: info@houkokusho.com

≪お問い合わせフォーム≫
報告書印刷・製本のお問い合わせ、および、ご質問につきましては、こちらの【お問い合わせフォーム】でも受け付けております。

お電話 [ 03-5408-7891 ] やFAX、メールでも承っております。

≪お問い合わせメールアドレス≫
E-mail: info@houkokusho.com

受付時間:[電話]月~金 9:30~18:30
※上記以外の日時でも、弊社スタッフが在社していれば、対応が可能でございます。
 お急ぎの場合は、一度おかけください。
 [メール・FAX]随時受付